チャンプルーや南国フルーツだけじゃない!食文化の楽しみ方

沖縄旅行では豚肉料理を味わおう

沖縄といえば、チャンプルーや南国フルーツなどのグルメが堪能できるとイメージされる方は多いことでしょう。しかし、それだけではなく、沖縄には他にも本土では味わえない珍しいグルメがたくさんあります。その一つが、豚肉料理です。例えば、豚肉を皮付きのまま泡盛や醤油で甘辛く味付けたラフテーをはじめソーキー汁、あぶらみそなど多彩な豚肉料理があります。豚肉なしでは料理が成り立たないほど沖縄では定着している食材といえるのです。

沖縄で豚肉料理が普及した最大の要因は、中国との交易です。中国の使節団(冊封使節)が滞在する際、大量に食料を調達する必要がありました。その食事として当時、琉球の村々にて豚の飼育を強制的に行なわせていたのです。その結果、沖縄では豚の飼育が広まり、豚肉料理が定着するようになったというわけです。沖縄には美味しい豚肉料理を味わえる店がたくさんあるので、一度訪れてみるといいでしょう。

ポーク卵は沖縄で味わいたい料理

沖縄の食文化は、アメリカから多大な影響を受けているといっても過言ではないです。その理由は、日本が第二次世界大戦に敗戦した直後から、アメリカ軍によって沖縄が占領されていたからです。その際、アメリカによって持ち込まれた缶入りのポークランチョンミートは沖縄の食文化に不可欠なものとなりました。現在、チャンプルーの具材はもちろん、おにぎりの具材としても使用されています。

その他にも、沖縄の大衆食堂には「ポークたまご」と呼ばれるポークランチョンミートを使ったメニューがあります。これは、簡単に言うと、フライパンで焼いたポークランチョンミートに卵焼きが添えられた定食のことです。食堂によって味付けや添えられている野菜などが異なるので、いろいろな味を楽しめますよ。リーズナブルな価格で食べられるので、一度試してみるといいでしょう。

© Copyright On Preparing Okinawa. All Rights Reserved.